ジムニー新型の悪路走破性の実力とその秘密は、変わらぬ設計思想だ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

jimny001

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今人気沸騰のジムニー新型

発売以来、悪路走破性については一貫して定評のあるジムニーが、歴代から引き継ぎながら新たな装備を伴って、ジムニー新型としてデビューしました。

この記事では、軽カーなのに本格4輪駆動車の「ジムニー新型」の悪路における走破性の実力とその秘密について、掘り下げて記事を書いてみました。

スポンサーリンク

ジムニー新型の悪路走破性の新機能

jimny002

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー新型の悪路走破性

2018年7月5日に20年ぶりにフルモデルチェンジをしたジムニー新型

ジムニーは、1970年4月に軽自動車初の本格的な4輪駆動車として登場しました。

ジムニーは、プロ仕様として「林業の現場や積雪地帯で生活や仕事を支える」と設計されています。

したがって、ジムニーででかけたら、たとえ大自然の中で立ち往生して生命の危機を迎えるようなことがなく、必ず戻ってこられるように、悪路の走破性のが歴代から引き継がれています。

jimuny007

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

新型ジムニーは、強固で耐久性の高いラダーフレームに、3リンクのリジッドサスと、副変速機を用いたパートタイム式4WD、はやりのラックアンドピニオンを採用せず、ボール&ナット式を採用して、悪路の走破性正確な操縦性を確保しています。

新開発「ブレーキLSDトラクションコントロール

ジムニー新型には、新たに「ブレーキLSDトラクションコントロール」を装備しました。

jimuny013

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ブレーキLSDトラクションコントロール」とは、ESC(電子制御ブレーキ:Electronic Stability Control=メーカーによってはESP、VDCなど呼び方が違う)の機能を発展させて、空転したタイヤに自動的にブレーキを掛けてもう一方の車輪の駆動力を確保する仕組みです。

しかも、「ブレーキLSDトラクションコントロール」発動時には、エンジントルクの低下も発生しないので、極めて高い悪路走破性能が確保されます。

運転に長けたドライバーなら、こういうときは左足でブレーキ操作をして駆動力を確保して脱出することも可能ですが、「ブレーキLSDトラクションコントロール」が作用すれば、そういうテクニックを持たずに、悪路走破性を発揮できます。

スポンサーリンク

ジムニー新型の歴代から引き継いだ悪路走破性

ジムニー新型は軽自動車というボディサイズを生かして、大型SUVでは得られないような小回りが大きな特徴です。

ジムニー新型の高次元ロードクリアランス

そして、妥協のないプロユース設計で、最低地上高やアプローチアングル、デパーチャーアングルを確保して悪路走破性を確保しています。

jimuny009

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

より乗り心地が良くなる独立懸架方式のサスペンションよりも、3リンクのリジッドサスペンションを採用しているのも、悪路走破性を確保するのに役立っています。

ジムニーならどこへ出かけても必ず帰ってこられる」と思うことが可能なほどの悪路走破性を持って世界中から高い支持を得ています。

ジムニー新型のパワートレイン

ジムニー新型のパワートレインには、R06A型インタークーラーターボが搭載されています。

jimuny015

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ターボは2000回転以上で効き始めるので、街中を流しているときにはあまり効いてきませんが、いざ悪路に突入すれば、しっかりとした駆動力を発揮してくれます。

スポンサーリンク

ジムニー新型がこだわっている点

ジムニー新型は、軽としては世界中で唯一無二の、プロ仕様に耐えうる信頼性の高い4輪駆動車となっています。

一度悪路に突入すれば、レンジローバーにも引けを取らない走破性能を発揮してくれます。

そんなジムニー新型ののこだわりは、軽というカテゴリーである点だと言えます。

ジムニー新型の旋回性能

jimuny012

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

そもそも、4輪駆動車は構造上小回りがききにくいものですが、軽自動車という小型ボディのおかげで、最小回転半径も少なくて済んでいます。

この小回りの良さがどれだけのアドバンテージを持っているのかといえば、狭い林道を走ることを想定してみてください。

どんな林道を走っても、小気味よくガンガン走ってくれます。

ジムニー新型に4ドアがない理由

jimny008

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

そして、ジムニー新型には4ドアという設定がありません。

林業関係者などの機材を積載することを踏まえて、リヤシートはオマケ要素が強いからです。

jimuny020

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

一度リヤシートを倒せば、広大なラゲージスペースが生まれます。

ジムニー新型でのこだわりは、あくまでもプロユースという視点を貫いていることだと思います。

ジムニー新型の悪路走破性の動画と評価

ジムニー新型の悪路走破性は

  • こんなところは登れないだろ~
  • こんなとこを通ったら、腹すっちゃうよ~
  • ここ降りたら、フロントをこすっちゃうよ~

誰しもが、こう悩んでしまうようなところを難なく通り抜けてしまう、悪路走破性を持っています。

ジムニー新型は、「ブレーキLSDトラクションコントロール」を始めとする悪路を安定して走行するための昨日が満載された本格的な4WDです。

ジムニー新型の悪路走破性の実証動画

それでは、実際にこんなところは無理と思える場所を難なく走行している、ジムニー新型の動画を見てみましょう。

どうですか?
ジムニー新型の驚きの悪路走破性!

動画を見れば、一目瞭然ですね。

ジムニー新型の悪路走破性まとめ

jimuny021

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

先日フルモデルチェンジされたジムニー新型は、1970年に販売が始まった当初から「林業の現場や積雪地帯で生活や仕事を支える」という設計コンセプトを、ずっと貫いてきています。

そのためプロユースで使われる方々に絶対的な信頼を得て、世界各地で売れている唯一無二の軽の4WDです。

4代目にあたるジムニー新型では、新たな装備を備えて、プロでなくても気軽にアウトドアライフを満喫できる手軽さが増えました。

その結果、納車まで1年以上かかるという驚異の人気を得たものと思われます。

いつまでも、長期の納車待ち状態をメーカーがほおって置くわけもないと思いますので、増産体制が整えば、この前代未聞の状況も改善されると思います。

ジムニー新型は、プロの方々の要求に答えつつも、ライトユーザーにもアウトドアライフの拡大につながる環境を提供してくれるようになりました。

興味のある方は、一度ディーラーに赴き、実車に触れてみるのが良いかと思います。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする