ジムニー 新型カラー人気の裏に「目立つ性能」「隠れる性能」の秘密

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

jimny003

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

20年ぶりのフルモデルチェンジをした、ジムニー新型。

発売当初から「林業関係者や積雪地帯」でのプロユースを基本に作られているジムニーは、世界的なシェアを持っています。

そんなジムニー新型には、開発陣のこだわりがタップ路と詰め込まれています。

そこで今回は、ジムニー新型のボディカラーに秘められた秘密について記事を書いてみました。

スポンサーリンク

【ジムニー 新型】カラー人気の裏にあるボディへのこだわり

jimuny004

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニーの持ち主は、比較的長い間乗り継いでいるようで、平均使用年数は17年という話です。

軽自動車の平均使用年数14年を軽く超えています。

ジムニーの主要なユーザーは、林業関係者などのプロのユーザーとなっていて、そうしたプロにとっては、ジムニーの信頼性の高さで割と長くジムニーを乗り続けていることから、平均使用年数は17年と言う数字に現れているようです。

開発者が持つ【ジムニー新型】へのこだわり

jimny004

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

通常の設計思想で言えば、バンパー周辺部は樹脂を多用してコストを下げるところですが、長期間乗っていると鉄板部と樹脂部の塗装が微妙に変化していき、明らかに色違いを生じてしまいます。

そこで、ジムニー新型の設計陣は、極力ボディの塗装面を鉄板で作って、経年変化による色のばらつきをなくそうとこだわっています。

かなりの部分を鉄板で再現しようとこだわっているそうです。

スポンサーリンク

【ジムニー 新型】カラー人気の裏に隠された「目立つ性能」と「隠れる性能」

プロ仕様のジムニー新型のボディカラーは、危険回避や環境に自然に溶け込むなどのこだわりを持って、「目立つ性能」と「隠れる性能」という2つのコンセプトカラーを決めたそうです。

【ジムニー 新型】カラー こだわりの「目立つ性能」色

雪山を登山する登山家は、万が一遭難したときに発見されやすいように、蛍光色を身につけるそうです。

jimuny028

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

そこで、「目立つ性能」色として「キネティックイエロー」が選ばれました。

当初は「オレンジ」と言う案もあったようですが、オレンジは動物からは見えにくいという意見もありキネティックイエローに決まったそうです。

キネティックイエロー

【ジムニー 新型】カラー こだわりの「隠れる性能」色

緑の深い森で活動するハンターや林業関係者にとっては、ジムニーの存在が目立たぬようにしないといけない場合があるようです。

ジャングルグリーン

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

そこで、「隠れる性能」色として選ばれたのが「ジャングルグリーン」です。

設計当初は、メタリック系かソリッド系かなやんだそうですが、ソリッド系のほうが立体的に見えるという結論に達したそうです。
ジャングルグリーン

スポンサーリンク

【ジムニー 新型】カラー人気で売れているカラーは

【ジムニー 新型】人気カラー

jimuny033

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今の所、ジムニー新型の受注カラーの一番人気は、「ジャングルグリーン」だそうです。

jimuny028

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

jimuny034

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

「キネティックイエロー」は、「ジャングルグリーン」と同様コンセプトカラーとなっているので、人気が高いです。

「シルキーシルバーメタリック」は、昔からのジムニーユーザーに根強い人気のあるカラーです。

【ジムニー 新型】不人気カラー

jimuny030

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

逆に一番人気のないカラーが「ブリスクブルーメタリック」だそうです。

私的には、いい色だと思いますけどね。

ブリスクブルーメタリック

【ジムニー 新型】カラー人気のリセールバリューが高いのは

ジムニー新型の13色あるボディカラーのうち、リセールバリューの高いカラーが気になるところです。

【ジムニー 新型】カラーで、リセールバリューの高い色は

【ジムニー 新型】カラーで、人気のある3色のうち、「ジャングルグリーン」と「キネティックイエロー」はコンセプトカラーであります。

しかしながら、「ブリスクブルーメタリック」同様に「キネティックイエロー」は、流行の影響を受けやすいボディカラーとなってしまうので、リセールバリューはあまり高くはないと思います。

不人気の「ブリスクブルーメタリック」も当然避けるべきですかね。

そこで、安定した人気を持つ「ジャングルグリーン」と「シルキーシルバーメタリック」の2色が、一番リセールバリューが高いと判断しています。

少なくとも、安定した人気のあるカラーは、間違いなくリセールバリューが高いものです。

買うなら、「ジャングルグリーン」と「シルキーシルバーメタリック」のどちらかですね。

【ジムニー 新型】カラー人気 まとめ

今回は、【ジムニー 新型】カラー人気の裏に隠された「目立つ性能」と「隠れる性能」土台して、2つのコンセプト「目立つ性能」と「隠れる性能」カラーについてと、ジムニー新型に設計人がこだわった、着色部に極力鉄板を用いるなどについて記事を書いてみました。

それと同時に、ジムニー新型の人気カラーと、リセールバリューの高いカラーについても触れてみました。

ジムニー新型の購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする