【ジムニー新型・シエラ】の購入時にかかる税金はいくらか教えます

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

jimny001

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今回2018年7月に発売された「プロの道具」として本格4WDを搭載したジムニー新型・シエラの購入時などにかかる税金や登録費などを紹介いたします。

車を購入するときに車両価格だけ把握していて諸費用などを把握していなくて合計金額に驚く人が多いと思います。

しっかり諸費用を理解しておくと予算オーバーになることもなくなると思います。

スポンサーリンク

【ジムニー新型・シエラ】購入時の諸費用相場

05-1

ジムニー新型ジムニー新型シエラの購入時の諸費用を紹介します。

ジムニー新型・シエラを購入するときに以下の諸費用がかかります。

(ジムニー新型) 購入時の諸費用

  • 自動車取得税:約25.000円
  • 自動車重量税:約9.900円
  • 自動車税:約10.800円
  • 自賠責保険料:約15.000円
  • リサイクル委託金:約10.000円
  • 登録代行手数料:約20.000円
  • 車庫証明代行手数料:約15.000円
  • 納車費用:約10.000円~
  • 消費税:8%

合計:101.830円+8

(ジムニー新型シエラ) 購入時の諸費用

  • 自動車取得税:約44.000円
  • 自動車重量税:約36.900円
  • 自動車税:約34.500円
  • 自賠責保険料:約15.130円
  • リサイクル委託金:約10.000円
  • 登録代行手数料:約20.000円
  • 車庫証明代行手数料:約15.000円
  • 納車費用:約10.000円~
  • 消費税:8%

合計:185.530円+8%

以上がジムニー新型・ジムニー新型シエラを購入するときにかかる諸費用の相場です。

ジムニー新型シエラは、ジムニー新型より車体も大きく、総排気量もジムニー新型より多いため税金も高くなっています。

納車費用は購入したジムニー新型・シエラをご自宅まで運ぶ陸送代なので距離によって金額は変わります。

車を購入するときは、車体価格+オプション代+諸費用(約10万~20万)の合計金額が必要となります。

そして地域や販売店で多少金額に違いがあるので上記の金額は目安として参考にしてください。

*消費税ですが、オプションなどでパーツを購入すると各購入パーツごとに消費税が発生します。

スポンサーリンク

【ジムニー新型・シエラ】購入時に発生する税金

05-2

ジムニー新型・シエラを購入する際「自動車取得税」「自動車重量税」「消費税」が発生します。

・自動車取得税

 自動車の取得者に対し,原則としてその取得価額を課税標準として,その主たる定置場所在の市町村が課す目的税としての市町村税になります。

1968年新設。営業用自動車と軽自動車は税率3%,その他の自動車は5%。地方の道路に関する費用の財源調達が目的で,税収額の66.5%が市町村に,28.5%が政令市に交付され1990年より,免税点が30万円から50万円に引き上げられました。

・自動車重量税

道路など社会資本の充実のため1971年創設された国税です。

税収の4分の3は国税として一般財源に,4分の1は,自動車重量譲与税法により,市町村の道路整備財源に充てられています。

・消費税

 消費に対して課される租税のことで、特定の物品・サービスを課税対象とする個別消費税と、原則としてすべての物品・サービスを課税対象とされています。

2019年10月以降は消費税が10%になる予定となっています。

ジムニー新型及びジムニー新型シエラは、エコカー減税対象外となっています。

スポンサーリンク

【ジムニー新型・シエラ】購入後に発生する税金

05-3

次はジムニー新型・シエラの購入後に発生する税金を紹介したいと思います。

購入後に発生する税金は「自動車税」「自動車重量税」です。

・自動車税

自動車税は、軽自動車であるジムニー新型と、小型車であるジムニー新型シエラでは、扱いが異なります。

軽自動車のジムニー新型は、市町村税扱いになります

自動車に対し,その主たる定置場所在の市町村で毎年4月1日に登録がある場合に、その所有者に課される市町村税のことです。

4月1日以降に登録された場合は、その年度の課税はありませんが、年度内に譲渡もしくは廃車しても、月割計算での還付はありません

小型車のジムニー新型シエラは、都道府県税扱いになります

自動車に対し,その主たる定置場所在の都道府県で毎年4月1日を賦課期日として,その所有者に課される道府県税のことです。

年度の中途で取得または譲渡・廃車したときには月割計算で課税または還付されます。 

・自動車重量税

自動車重量税は購入時と車検時にかかる税金です。

車検時には法定費用車検基本料が発生します。

法定費用には「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」が含まれます。

そして自動車重量税は新車登録してからの年数で金額が変わります。

新車登録から12年までは車両重量に関わらず3.300円/年かかります。

13年から17年までは4.100円/年です。

・その他維持費

これら税金以外に、ジムニー新型・シエラの維持費には、「自賠責保険」「任意保険」「ガソリン代」「駐車場代」などが発生します。

年間維持費としては、これらの考慮も忘れてはなりません。

【ジムニー新型・シエラ】の維持費比較

jimny005

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー新型とジムニー新型シエラの購入後の維持費の金額を紹介したいと思いますので参考にして頂けたらと思います。

維持費は車を所有する人ならだれもが気になることだと思います。

把握していないと予想外の出費になり車を維持できなくなることにもなります。

1年間の維持費の比較

車種

ジムニー新型

ジムニー新型シエラ

自動車税

10.800円

34.500円

自動車重量税(車検時)

9.900円

36.900円

自賠責保険料

15.000円

15.130円

任意保険料(全年齢対応)

110.400円

112.800円

燃料代

約99.000円

約116.000円

合計

245.100円

315.330円

任意保険料は、全年齢対応の保険料の平均を記載しています。

保険会社によって保険料に違いがあるので詳しく知りたい方は、保険会社へ資料請求をしてみると良いでしょう。

燃料代ですが、月3回ほど給油した場合の金額なので、人によっては上記の金額より多くなる場合もあります。

=>任意保険は、一括見積が便利です。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

一括見積もりなら、一番安い保険を簡単に見つけられます。

【ジムニー新型・シエラ】税金 まとめ

jimny003

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今回はジムニー新型・シエラを購入するときの諸費用の相場と税金の紹介をさせていただきました。

購入時の諸費用や税金を把握していると購入予算をたてやすく、予算オーバーすることもなくなります。

そして購入時の値引きの時も購入諸費用からも値引きできるので把握しているとお得になります。

自動車重量税はジムニー新型の場合、2018年に発売されたばかりなので車検時の自動車重量税は3.300円/年になります。

ジムニー新型・シエラは、エコカー減税対象外の為、他の軽自動車より少し高く税金を支払わなければいけません。

ジムニー新型・シエラを購入する際、車体価格+諸費用15万円~20万円ぐらいが合計支払金額になると思っていただいた方が良いでしょう。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする