【ジムニー 新型】で車中泊オプションと、オススメキットはこれだ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

jimny005

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

1970年4月に発表されて以来、40年以上も軽自動車で唯一の本格的4輪駆動車として圧倒的なファンを持つジムニー。

コアなジムニストは、ジムニーでワイルドに冒険する。

そのため、ジムニーの車中泊に適したグッズは豊富に揃っています。

この記事では、ジムニー新型が歴代同様に車中泊に適しているかどうか、便利な車中泊キットの紹介などを書いています。

ジムニー新型には、一回り大きめのジムニー新型シエラもありますが、こちらの悪路走破性能は、軽規格のジムニー新型には少し劣ります。

この記事では、軽規格のジムニー新型での車中泊を中心に書いています。

スポンサーリンク

ジムニーの車中泊は新型でもできる

jimuny037

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー新型も、シートはフルフラットになります。

つまり、ノーマル状態でも、車中泊は可能なんです。

ジムニー新型車中泊をする人は、プロの方の他にも、コアな釣りマニアやアウトドアライフを楽しむ人が主流と思われます。

家族で、アウトドアを楽しむなら、セレナ新型がおすすめです。

関連記事

=>【セレナC27】は車中泊向きか?揃えると便利な車中泊グッズ

スポンサーリンク

ジムニーの車中泊を新型でするには

ジムニー新型では、車中泊できるのはせいぜい2人です。

でも、ジムニー新型で車中泊をしたいと考える方々の用途から見れば、それで十分かと思われますよね。

 

ジムニー新型で車中泊するなら、軽量なダウンのブランケットが役に立ちます。

 

こういう軽量のシュラフも有ってもいいかと思いますね。

とにかく、釣りのポイントの近くまで出かけて、さっと寝れる。

そんな使い方が、ジムニー新型にはよく似合うと思います。

スポンサーリンク

ジムニー新型の車中泊用の純正オプション

ジムニー新型の車中泊に使える純正オプションもあります。

ただし、純正はややお値段高めなので、社外品で対応しても良いかもしれません。

室内をフラットにするベッド・クッション

2018-08-04_22-46-06-357

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

170cm × 54cmの簡易ベッド空間を確保できますが、助手席側専用となるので、2人分のベッド空間は確保できないのが残念です。

純正ブラインドシェード

2018-08-04_22-50-54-987

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

車中泊をするときは、全面にあるガラスから覗かれてしまうという問題が生じます。

そこで、しっかりとガラスを覆って車内のプライバシーを守るには、ブラインドシェードは必需品です。

たとえ山奥で車中泊するから覗かれないよと思っても、寝ながら周囲が見えてしまうのも返って気になってしまうので、やはりこのシェードは必需品でしょう。

純正ルーフキャリア

2018-08-04_22-56-17-835

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ただでさえ狭いラッゲージエリアのジムニー新型ですから、できるだけ大きい荷物は屋根に積んじゃいたいところです。

ただし、ルーフキャリアを使う場合は、自車の車高以上に高さが増えるわけですから、高さ制限のあるところを通過する際には、荷物をぶつけないように注意しないと駄目ですよ。

ジムニー新型の車中泊キットが便利

ジムニー新型の車中泊用品には、社外品が多数出ています。

その中でも、車内を簡易ベット化するキットは、おすすめです。

猛者の方は、このようにベッドの自作に取り組まれています。

ジムニーをこよなく愛して、山中で車中泊をする人々にとっては、ベッドの自作も楽しみの一つかもしれません。

でも、そこまで深入りしなくても、簡単にベッドを設置できるキットがたくさん出ています。

※ジムニー新型は発売直後ですので、ジムニー新型に合致するかどうかはメーカーサイトで確認が必要です。

フルフラットシートの段差解消「くるマット」

 

このくるマットはシートをフルフラットにしても、どうしても出来ちゃうシートの段差を解消してくれるスグレモノです。

これだけでも、車中泊はずっと楽になるはずです。

ジムニー新型の車中泊キットのオススメ

ジムニー新型で簡単にフルフラットのベッドを設置するには、このベッドキットがおすすめです。

ジムニー専用設計のベッドキット

 

専用設計なので、ジムニーにピッタリフィットでフルフラット。

こんな簡易ベッドが簡単に組み立てられるベッドキットは、おすすめです。

まだジムニー新型用のキットは販売されていないようです。

JB23用が適合するかわかりませんので、メーカーサイトでの確認が必要です。

エアーマットがあればもっと楽に眠れる

 

このマットを利用すれば、硬いシートで眠ってあちこち痛くなるのを防げます。

ブラインドシェードは必需品

 

まだ、ジムニー新型用のブラインドシェードは扱われていませんが、販売されれば純正オプションよりは遥かに安く手に入ります。

LEDランタンは必需品

車内灯をつけっぱなしにすると、あっという間にバッテリーが消耗してしまいます。

LEDなら電力消費も少ないし、発熱も少ない。

しかも明るい。

LEDランタンは、車中泊の必需品です。

お手軽に湯沸かしや調理ができるアルポット

アルコール燃料だけで「沸す・煮る・炊く」が簡単にできちゃうあるポットは、簡単な調理にはうってつけのアイテム。

あるポットがあれば、御飯食べられます。

家庭のAC電源で充電できるポータブル電源

家庭のAC電源で充電できるポータブル電源は、超便利。

室内で使用中に、排気ガスは出ない上に40540mAh/150Whもの出力があるので、スマホだってタブレットだって充電できちゃう。

これだけは忘れずに持っていきたい。
 

【ジムニー 新型】で車中泊キットのまとめ

jimuny022

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今回は、ジムニー新型で車中泊するときの純正オプションや、社外品を紹介してみました。

ジムニー新型の純正オプションならすぐ手に入りますが、少々高いのが玉に瑕。

社外品のほうがオススメなんですが、JB64ジムニー新型は販売直後のために、社外品で適合する商品が発売されるまでは、少し待たないといけないですね。

でも、ジムニー新型を手に入れて(今現在バックオーダー1年という噂もありますが)車中泊に出かけるのを心待ちにしましょう。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする