【ジムニー新型シエラ】のスペック、内外装の特徴と人気のカラーは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

clip_image002

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

約20年ぶりにフルモデルチェンジを行い、世界各地のジムニーユーザーから注目を浴びているジムニー新型シエラ。

今回はそのジムニー新型シエラのスペック情報・内外装の特徴・ボディカラーの紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

【ジムニー新型シエラ】のスペック

ボディー 3ドア            

機種名           (JC   (JL)  

車名・型式          スズキ・3BA・JB74W

駆動方式           パートタイム4WD

トランスミッション 5MT 4AT

■寸法・重量

全長(mm) 3,550

全幅(mm) 1,645

全高(mm) 1,730

室内寸法   長さ 1,795

室内寸法   幅 1,300

室内寸法   高さ 1,200

ホイールベース 2,250

トレッド(mm)前 1,395

トレッド(mm)後 1,405

■性能

燃費消費率(市街地) (JC)12.8km/L      (JL) 11.2 km/L

燃費消費率(郊外) (JC)15.8km/L      (JL) 14.7km/L

燃費消費率(高速道路) (JC)15.9 km/L      (JL) 14.6 km/L

最小回転半径(m) 4.9

■エンジン

型式 K15B

種類              水冷4サイクル直列4気列

総排気量 1,460

燃料供給装置 EPI(電子制御燃料噴射装置)

最高出力 75/6,000

最大トルク 130/4,000

使用燃料           レギュラーガソリン

■ブレーキ

主ブレーキ形式  前          ディスク

主ブレーキ形式  後      リーディング・トレーリング

タイヤ 195/80R15 96S

スポンサーリンク

【ジムニー新型シエラ】の内装の特徴

clip_image004

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー新型シエラは、20年ぶりのフルモデルチェンジという事もあり、内装も一気に近代化が図られています。

ジムニー新型シエラは操作性の向上をした

特にオーディオスペースがインパネ最上部に移動しているので、ナビを取り付けた時の視認性がとても向上しています。

sierra018

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

また、パワーウィンドウスイッチがドアパネルからセンターコンソール側に移動して、スイッチ全体も大型化になっています。

パワーウィンドウスイッチが大型化になっていると、ドライバーがグローブなどを装着していても操作しやすいそうに配慮されています。

sierra017

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

他にもエアコン操作部分も同じで、操作しやすいようにダイヤル式に変更されています。

内装のカラーについては、運転に集中しやすいように黒色を基調としたものとなっています。

その他の特色

その中で空調の吹き出し口や操作パネルなどには金属色を採用しています。

金属色を使用することで機能部品を明確にすることができます。

内装の表面には耐傷付性や汚れ除去性を考慮したシボが施されています。

さらに、上級グレードのシート表面には、撥水性のあるものを採用しているので、より一層クロスカントリー4WDを強調しています。

そして、標準装備で最新のマルチインフォメーションディスプレイでは、・瞬間燃費 ・平均燃費 ・航続可能距離 ・外気温計 ・時計 ・その他(半ドア警告表示など)が装備されています。

sierra019

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

(JC)と(JL)の スズキ セーフティ サポート装着車には、・平均車速 ・走行時間 ・デュアルセンサーブレーキサポートなど各種警告表示が装備されています。

ジムニー新型シエラのメーターは、180km/hスケールになっています。

ちなみにジムニー新型は140km/hスケールです。

スポンサーリンク

【ジムニー新型シエラ】の外装の特徴

ジムニー新型シエラの外装ですが、見た目はジムニー新型とあまり変わらないように見えますが、ジムニー新型との違いは「オーバーフェンダー」「フロント・リアバンパー」「ホイールサイズ」この3点だけジムニー新型と違いがあります。

clip_image008

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー新型シエラの「オーバーフェンダー」「フロント・リアバンパー」「ホイールサイズ」はジムニー新型よりサイズアップしています。

シエラの変わらない伝統

普通乗用車サイズとして発売されたジムニー新型シエラは、歴代シリーズにおいてもほぼ同一のエクステリアを採用しています。

今回のジムニー新型シエラもそのシステムは受け継がれています。

ジムニー新型シエラのオーバーフェンダーはジムニー新型より厚みをもたせており、曲率においても立体加工を行っているので存在感があります。

sierra011

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

次にフロント・リアバンパーは、ジムニー新型シエラの方が車体のサイズが大きいので全体的なバランスを考えてフロント・リアバンパーをワイドサイズにアップしています。

足回りでは、ジムニー新型シエラのホイールは15インチアルミホイールや15インチスチールホイールを標準装備しています。

*ジムニー新型は、16インチアルミホイールと16インチスチールホイールが標準装備

【ジムニー新型シエラ】のカラーと人気カラー

sierra052

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

前ジムニーシエラのカラーは3色しかなかったのですが、今回のジムニー新型シエラのカラーラインナップは全11色でとても豊富となっています。

  • キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ
  • シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ
  • ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
  • キネティックイエロー
  • シフォンアイボリーメタリック
  • ブリスクブルーメタリック
  • ミディアムグレー
  • ブルーイッシュブラックパール3
  • ジャングルグリーン
  • シルキーシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール

ジムニー新型シエラから3種類の2トーンカラーが登場しています。

ジムニー新型シエラの人気カラーを紹介

上記で紹介したボディカラーで人気なのが「ジャングルグリーン」です。

ジムニーと言ったらやっぱり林道などを走り抜けるイメージがあり、「ジャングルグリーン」は風景とボディカラーがマッチするので人気となっています。

clip_image010

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

街中でも目立ちすぎないカラーとなっています。

次に人気なのが、「シルキーシルバーメタリック」です。

clip_image012

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

このカラーは先代ジムニーから使用されているカラーで昔からのジムニーユーザー(特にシニア世代)からは人気が高いです。

【ジムニー新型シエラ】のスペックまとめ

sierra045

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

今回ジムニー新型シエラのスペックやカラーの紹介をさせていただきました。

ジムニー新型シエラはフルモデルチェンジを行い、最新の機能や性能を装備して前ジムニーシエラより遥かに向上しています。

そしてボディカラーも幅広い人に乗っていただけるようにカラーの種類を増やしている為、選ぶ楽しさもあります。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする