【ジムニー新型シエラ】カスタムパーツでドレスアップの人気を見る

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

clip_image002

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

今回はジムニー新型シエラのカスタムパーツの紹介をしたいと思います。

約20年ぶりにフルモデルチェンジをして販売されたジムニー新型シエラですが、ノーマルでも十分カッコいいですが、カスタムパーツを装着したらそのカッコよさは半端ないです。

スポンサーリンク

【ジムニー新型シエラ】カスタムパーツの特徴

ジムニー新型シエラは元々シンプルに作られているのでカスタムする人によって個性がとても出やすい車となっています。

カスタムパーツは、ジムニーらしさを壊さないデザインが多く、オフロードを走行するのに支障が出ないようなカスタムパーツとなっています。

そして、今回のジムニー新型シエラからボディカラーが豊富になっているのでカスタムパーツのカラーも豊富となっています。

スポンサーリンク

【ジムニー新型シエラ】人気カスタムパーツショップ

ジムニー新型シエラのカスタムパーツを取り扱っているショップの紹介をします。

  • モンスタースポーツ
  • JIMKEN TAC
  • N’s STAGE

上記以外でも楽天、Amazonなどのネットショッピングでもジムニー新型シエラのカスタムパーツを購入することもできます。

スポンサーリンク

【ジムニー新型シエラ】人気カスタムパーツ(内装)

clip_image004

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー新型シエラは、歴代のジムニーシエラの中で最高かつ最良の内装となっています。

ジムニー新型シエラの内装カスタムパーツは、「飾る」より「機能」を本質としています。

「機能」を最大限に表現して快適性や安全性に配慮されています。

12-3

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー新型シエラの内装カスタムパーツは、オプションで「メータークラスターパネル」をドットタイプかセグメントタイプにすることができます。

12-4

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

その他に「サイドルーバー」をブロンズメタリックに加飾することもできます。

【ジムニー新型シエラ】社外品カスタムパーツ(内装)

社外品カスタムパーツでは、アクセル・ブレーキ・フットレスをアルミ製カバーに変更することや、ルームランプをLEDにしたりできます。

シートを純正の物からレザータイプのシートカバーを装着している人もいています。

ラゲッジルーム専用のマットも様々なカラーが販売されています。

実用性のあるカスタムパーツとしては、サイクルホルダー(ラック)の取り付けです。

このサイクルホルダーを取り付けることで、仕事着をかけたり、釣竿やボードをきれいに車内に積み込むことができる便利グッズとなっています。

【ジムニー新型シエラ】人気カスタムパーツ(外装)

clip_image010

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

次に外装カスタムパーツについて紹介したいと思います。

ジムニー新型シエラのオプションで装備できるカスタムパーツは、「LEDヘッドライト」「オートライト」「LEDサイドターンランプ付ドアミラー」「16インチアルミホイール」があります。

社外品では、インチアップのスプリングを装備して車体自体をリフトアップしたり、車高単仕様にしたりできるパーツがあり、リフトアップをするとノーマルのジムニー新型シエラより迫力があり、車高調仕様にするとスポーツタイプのジムニー新型シエラになるのでまったく違う雰囲気となります。

少し前までは、スズキセーフティーサポートのセンサーが正常に反応しない可能性があったため、なかなか販売せれませんでしたが、改良されて問題点も改善されたため販売が開始されました。

【ジムニー新型シエラ】社外品カスタムパーツ(外装)

その他には、社外ホイールを装着してオリジナリティを出したり、マフラーにマフラーカッターを取り付けてリアバンパー周辺にも存在感を出すことができます。

販売店が自作した排気口が2本あるマフラーも販売しているところもあるので2口マフラーを装着するととてもかっこよくなります。

ジムニー新型シエラのカスタムで車体をリフトアップして、大きめのホイールを装着して2口マフラーを取り付けている人が1番多いです。

そしてフォグランプもリング内蔵のLEDフォグランプも販売されています。

簡単に取り付けがしやすいカスタムパーツとしては、ナンバープレートカバーやヘッドライト・ポジションライト・ウィンカー・バックランプにLEDを装備。

天井用に取り付けるショートアンテナも販売されています。

【JB43カスタム車両に見る手を付ける場所】

まだジムニー新型シエラのカスタムパーツはあまり出回っていないので、ジムニーJB43のカスタムを見て「今後どのようにジムニー新型シエラをカスタムしたら良いのか」の参考にしてみましょう。

clip_image012

http://www.ns-stage.info/nslimitedjimny01/pg773.html#DEWA

上記の画像のジムニーJB43には「インチアップサスキット」「CDセット[減衰力固定ショック]」「ホール」「マフラー」のカスタムパーツを装着しています。

車高を5インチ程サスキッドでインチアップをして、車体裏側にCDセットを取り付けます。

CDセットには、赤色や青色など多くのカラーがあるのでドライバーの好みのカラーを装着して車体をインチアップすることでCDセットがちょっとだけ見えてアクセントになっているのでカッコいいです。

そして純正のホイールでもいいですが、車体をインチアップで高くしているので、ホイールを少し大きめのホイールに付け替えて足回りに迫力を出すと重量感が出てかっこよくなります。

そしてマフラーも付け替えることでリアバンパー周辺を目立たせることができます。

【ジムニー新型シエラ】カスタムパーツの取り付け料金

ジムニー新型シエラのカスタムパーツを取り付けてもらう時の料金の相場を紹介します。

  • タイヤ・ホイール交換  タイヤ1本 \1.200円
  • エアロパーツ取り付け  作業料金  \10.000円~
  • マフラー交換      作業料金  \5.000円~
  • リフトアップ・車高調  作業料金  \15.000円~
  • HID・LEDキッド    作業料金  \5.000円~
  • ナビ取り付け      作業料金  \5.000円~

*上記の金額はカスタムパーツ代は別で取り付け工賃料の相場です。

販売店でジムニー新型シエラを購入してカスタムパーツを取り付ける際は工賃料が」かからない場合もあります。

【ネットオークション、フリマアプリや中古パーツのデメリット】

clip_image014

誰もが「あまりお金をかけずに自分好みの車にカスタムしたい」と思っているはず。

新品パーツは価格が高いのでネットオークションやフリマアプリでカスタムパーツを購入する人が増えてきています。

ネットオークションやフリマアプリのすべてが悪いわけではありませんが、気を付けなければ大事な愛車にも被害が出ることがあるので中古パーツのデメリットを紹介します。

中古パーツを購入するときに1番大事なのが、自分の愛車に適合するのかをしっかりと把握してください。

ほとんどの人がちゃんと確認しないで購入して、いざ取り付ける時にサイズが合わなくて無駄にしてしまう人が多いです。

ちなみに私もバンパーを購入した時にサイズが合わなくて無駄にしたことがあります。

そして、カスタムパーツのネジ穴や組み合わせの部分が欠けていたり割れていることです。

個人でネットオークションやフリマアプリに出品している商品で結構カスタムパーツが割れていてしっかり固定ができない事や、ヘッドライトなどを取り付けても配線が切れており、点灯しないなどのトラブルが多いです。

ちゃんとした中古パーツもありますが、画像だけでは見極めが難しいので出費はかかりますが、できたら新品のカスタムパーツを購入することをオススメします。

【ジムニー新型シエラ】カスタムパーツまとめ

sierra004

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

ジムニー新型シエラのカスタムパーツを紹介させていただきました。

カスタムパーツはネットでも購入できますが、自分で取り付けができない場合は販売店に行って取り付けをしてもらってください。

1つ注意点を言うと社外カスタムパーツを取り付けした場合、車検などに通らない場合もありますので自分で取り付ける際は、説明書や情報取集をしてから購入してください。

販売店で取り付けするときは、販売店側から「このパーツなら車検に通ります」などの説明はしてくれます。

説明をしてくれない時は必ず店員に聞いてください。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする