【ジムニー中古車】のパーツ、取扱店情報と人気パーツ情報はこれだ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

clip_image002

約20年ぶりにフルモデルチェンジをして2018年7月に発売されたジムニー新型ですが、今回は2018年まで発売されていたジムニーの中古車のパーツについての情報を紹介したいと思います。

ジムニーは昔から時代に流されず、独自のデザインや性能を継承しています

そして、パーツも数多く販売されており、自分らしさを表現できるものも多くあります。

スポンサーリンク

【ジムニー中古車】のパーツ選びのポイント

18-2

ジムニー中古車のパーツを選ぶときのポイントをご紹介します。

○まず、最初にパーツ選びをする前に予算を決めておきましょう。

予算を決めていおかないと、目移りしてしまって買う予定ではなかったパーツまで購入してしまい余計な出費となってしまいます。

○ホイール選び

 ホイールを選ぶときは自分好みのデザインを購入してください。

 注意点としては、ホイールサイズがジムニーに適合するのかを確認してから購入してください。

 無理して大きいサイズのホイールを装着すると車検に通らなかったり、小回りが悪くなったりします。

○サスペンション選び

 ジムニーで1番多くカスタムで使用されているのがサスペンションです。

 サスペンションで車体を好みの高さに調整することができますが、ジムニーの使用目的に合った高さにしてください。

 オフロードなどを走行するのに車高を低くして走行すると車体の裏面が擦ってしまったりしますし、逆に車高を高くして舗装を走行すると揺れが大きくなり乗り心地に影響が出ます。

 その為、使用内容にあったサスペンションを取り付けてください。

○マフラー選び

 ほとんどの人がマフラーをドレスアップとして交換している人がほとんどですが、ある程度把握していないと、ジムニーの性能を無駄にしてしまうことになります。

 純正のマフラーより社外マフラーの方がカッコいいですが、マフラーの排気口の大きすぎるとエンジンのトルクの力を弱めてしまい、その分余計な負荷がエンジンにかかるので燃費が悪くなってしまいます。

 マフラーを取り換える際は販売店の店員さんなどに聞いてから購入しましょう。

ジムニーの外装パーツについてのポイントを紹介しましたが、基本的に購入しようとして

いるパーツがジムニーに適合しているのかを確認することが1番大事です。

内装パーツの場合も同じで購入前にジムニーに適応しているのかを確認してください。

スポンサーリンク

【ジムニー中古車】のパーツ専門店の人気はここ

次にジムニーのパーツを取り扱っている専門店の紹介をしたいと思います。

・K-PRODUCTS(http://www.k-products.jp/)

clip_image006

 山形県にあるジムニーパーツ専門店で、オリジナル商品から様々なメーカーのパーツまで取り扱っています。

 ネット販売もしているので、気軽に購入することができます。

・JIMKEN TAC(http://www.jimkentac.com/)

clip_image008

 大阪府にあるジムニー専門店。

 ジムニーの中古車販売から買い取り、パーツ販売までしています。

・モーターファーム(https://www.motor-farm.com/company.php)

clip_image010

 大阪府にあるジムニーパーツ専門店。

 ジムニーの内外装や足回りパーツなど多数取り扱っています。

上記で紹介した販売店はネットでも購入できますので、URLからホームページに行って、

欲しいパーツがあれば購入することができます。

そして上記以外でもジムニーのパーツをネットで購入することができます。

スポンサーリンク

【ジムニー中古車】のパーツはヤフオクでも手にはいる

ジムニー専門店以外にヤフオクでもジムニーのパーツを購入することができます。

ヤフオクは、個人から業者の人が出品しており、中古から新品まで取り扱われています。

そして、ヤフオクはオークション形式のため直接販売店で購入するより安く買える可能性がとても高いです。

ジムニーのパーツの場合、ほとんどが中古品となっていますが、上記で紹介したジムニー専門店もヤフオクには出品しています。

【ジムニー中古車】のパーツ選びの注意点

18-6

販売店やオークションなどのネット販売でジムニーのパーツを選ぶときの注意点を紹介します。

○オークション(ネット販売)の場合

 オークションで購入して1番多いトラブルは「購入したパーツが合わない」です。

 商品の説明欄に記載されていますが、あまり詳しくない人や勘違いしていてパーツが適合しないことが多いです。

 出品者とやり取りができますが、返事がすぐ返って来るわけではないので、ほとんどの人が連絡をせずに購入してしまいます。

 そして、ヤフオクの出品者のほとんどが返品不可が多いので間違ったパーツは無駄になってしまいます。

 次に気を付けなければいけないのが、商品の状態をしっかり確認してください。

 ヤフオクに出されている商品は中古品が多いので、ちゃんと使用できる状態の物なのかを把握しておいてください。

 たまに破損している部分の写真を記載しない出品者も居ているので、騙されないようにしてください。

 パーツの説明欄しっかり見て、わからないことは出品者に細かく質問してから購入を検討すればトラブルの可能性は低くなります。

○販売店の場合

 販売店の場合は、店員さんがしっかりと対応してくれるのでオークションで購入するときのトラブルはありません。

 しかし販売店でも購入者自身がある程度知識を持っていないと損することがあります。

 パーツの状態は完璧なので心配はいりませんが、販売店にすべてを委託するのは、やめた方が良いです。

 ジムニーは個性が強く出る車なので、自分の好みのパーツだけを購入してください。

 店員さんの好みのパーツを選ぶとすぐ飽きてしまったり、違和感が出たりするのである程度は自分で決めるようにしてください。

【ジムニー中古車】のパーツまとめ

17-1

今回ジムニー中古車のパーツについて紹介させていただきました。

上記で紹介したパーツ選びのポイントや注意点を参考にしてジムニーのパーツを選んでいただけたら失敗はしないです。

パーツを選ぶとき1ヵ所だけに絞らず、何か所か見比べて自分の予算内に収まるようにしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする