【ジムニー】カスタム新型。DAMD、WEDS、ジムトラ、ロングも

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

jimny002

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

歴代のジムニーには、様々なカスタムパーツが存在しており、カスタム専門ショップもたくさんあります。

単に、車高を上げるサスキットや、排気効率を向上するマフラーキットなどなどがある中で、外観を自分好みに変更できるカスタムキット!

この記事では、外観を見事にイメージチェンジできるDAMD(ダムド)のボディキット

足回りをビシッと決めるWEDS ADVENTURE(ウェッズアドベンチャー)のホイール

ショップチューンされた、ジムニートラック(ジムトラ)、インドのスズキが製造しているロングボディーのジムニーなどについても触れています。

スポンサーリンク

【ジムニー新型】カスタムの魅力

マイカーを、カスタムキットで自分好みに変えたいという希望は多いです。

ジムニー新型では、ジムニーの性格上悪路走破性を高めながらも、見栄えが良いカスタム化が似合います。

ただし、先進安全装備がついたジムニー新型においては、むやみな車高の変更はそれらの安全装備の機能に影響を与えかねません。

なので、足回りのカスタムパーツには、細心の注意が必要になります。

でも、外見を変更するためのカスタムパーツは、あなたのジムニーを貴方好みに変更するのに、最適なカスタムパーツと言えます。

スポンサーリンク

【ジムニー新型】カスタムのDAMD(ダムド)のボディキット

自動車用品メーカー向け商品企画、開発、量産、またオートショー向けコンセプトカー製作まで一貫した製造体制を目的にしているDAMD(ダムド)。

DAMD(ダムド)が、新型のスズキ・ジムニーJB64/ジムニーシエラJB74用ボディキットを開発しています。

メルセデスベンツAMG G63風のボディキット

海外では、「ベビーG」と呼ばれることがあるジムニー新型。

「ジムニー ダムド little G」の画像検索結果

https://www.damd.co.jp/products/suzuki/jimny_little-g/

ボンネットやグリル、バンパーなどのフロントはフェイスはもちろん、ステップ下から覗くサイドマフラーやスペアタイヤカバーなど全てのパーツを付け替えることで、メルセデスベンツAMG G63のような見た目に変更できるキット。

ランドローバー ディフェンダー風のボディキット

「ジムニー ダムド little D」の画像検索結果

https://www.damd.co.jp/products/suzuki/jimny_little-d/

こちらのキットも、ボディにかぶせるキットで、見た目はまるで、ランドローバー ディフェンダーです。

ダムドでは、過去にも「シボレー アストロバン風のスズキ・ワゴンR」「ルノーキャトル風のスズキ・ラパン」「レクサス・LFA風86」などのカスタムボディーキットを発売しています。

今回は、ジムニー新型のデザインを活かしながら、ダムドらしいこだわり抜いたボディキットになることは間違いありません。

問い合わせ先

DAMD(ダムド)

本社所在地
神奈川県大和市下鶴間45-1

TEL
046-271-5599

 

スポンサーリンク

【ジムニー新型】カスタムでウェッズのジムニー専用2モデルのホイール

WEDS ADVENTURE(ウェッズアドベンチャー)は、オフロードやアウトドアなカスタムを向けのホイールを販売しています。

新型ジムニーに対応しているのが【MUD VANCE 01(マッドヴァンスゼロワン)】と【KEELER FORCE(キーラーフォース)】の2モデルです。

MUD VANCE 01

「MUD VANCE 01 JB64」の画像検索結果

https://dressup-navi.net/parts/60740/

MUD VANCE 01(マッドヴァンスゼロワン)は、スポークとピアスボルトを組み合わせたロングセラー商品です。

先代ジムニーファンからも人気があったMUD VANCE 01は、ジムニー新型でもバッチリ似合います。

KEELER FORCE

「KEELER FORCE JB64」の画像検索結果

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l457744275

KEELER FORCE(キーラーフォース)は、JB23ジムニーでも大ヒットした、キーラーフィールドの後継モデルです。

かなり太めの5本スポークが、力強さを感じます。

ジムニー新型でも、バッチリ似合うと思います。

お問い合わせは

株式会社ウェッズ

本店所在地
〒143-0016 東京都大田区大森北1-6-8 ウィラ大森ビル6階

代表電話
03-5753-8201

【ジムニー】カスタムには、トラックやロングボディもある

「ジムニー」のトラック「ジムトラ」

実は2代目ジムニーにはSJ40Tというシングルキャブのピックアップトラックが日本や海外で販売されたことがあります。

「SJ40T」の画像検索結果

https://minkara.carview.co.jp/userid/794616/car/674556/profile.aspx

でも、3代目ジムニーではトラックは製造されなかったので、現存すれば超レアモデルとなります。

ところが、「かっこいいクルマで働きたい!」という農家の方からのリクエストに答えちゃった会社があります。

熊本市内にある「ネオスチール」と言う会社です。

「ネオスチール」は、クロスカントリー4WDの改造などを長年行ってきたショップで、名前の通りスチール製品の加工が得意な会社です。

「ネオスチール」が、ジムニートラック「ジムトラ」を作っちゃったんです。

「ジムトラ」の画像検索結果

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20180821-10335123-carview/

このジムニートラック(以下:「ジムトラ23」)、まずJB23型ジムニーのアッパーボディの後ろ1/2を、大胆にカットします。

次にリアのホーシングを外して、ラダーフレームもちょっとカット。そこにリップ溝形鋼、通称「Cチャン」で造った延長用のフレームを接合。

そこにサスペンションを付けた後、アッパーボディにバックパネルを付けて塗装します。最後に荷台を乗せたら完成です。

ちなみに荷台の寸法は、長さ1800×幅1560×高さ200㎜という実用的なもの。

最大積載量は100kgなので軽トラには及びませんが、それでも仕事やレジャーで十二分に使えます。

アオリが三方開きなのも本格的と言えるのではないでしょうか。

お問い合わせ先

ネオスチール

〒861-0127
熊本市北区植木町亀甲2033-1
TEL.096-273-2277
FAX.096-273-2278

【ジムニー】カスタムのロングボディー

2018-09-10_21-11-46-156

2018-09-10_21-12-11-824

https://www.rv4wildgoose.com/jypsy/jypsy_index.html

神奈川県厚木市にある「アールブイフォーワイルドグース株式会社」では、インド・マルチ・ウドヨグ社が生産する「ジプシー」を輸入販売しています。

インドは、世界第5位の自動車大国で、現地ではスズキは乗用車のシェアの半数近くを握っています。

ジムニーは1985年からマルチ・ウドヨグ社で「ジプシー」として現地生産されています。

ベース車両は、日本では20年前に生産終了している、2代目のジムニーです。

なんと、インドではいまだに新車として生産されているそうです。

今回販売するジプシーは SJ413ベースで、ロングホイールベースかつワイドトレッドの最終型。

本国には幌タイプもありますが、レジントップタイプとなっています。

サイズは日本の軽ジムニーをすべてにおいて超えています。

ホイールベースは軽ジムニーに+345mmの2,375mm、トレッドは+110mmの前1,300mm、後1,310mm、全長は+ 815mmの4,010mm、全幅は+145mmの1,540 mm、全高は+145mmの1,845mmというスーパーサイズ。

これは歴代ジムニーの中でも最大クラスです。

エンジンは4ストローク4気筒1,298ccの G13BB型で、シングルポイント・インジェクターを 備えて80bhp、103Nmを発揮。

サスペンションは熟成のリーフリジッドで、リアには大積載 に耐えるヘルパースプリングを装着しています。

ト ランスミッションはMT5速、トランスファーは高低 2速とベース車両のままで、15インチのリブラグタイヤを駆動。

輸入元のRV4ワイルドグースでは、このジプシーの車検取得に1年以上取り組み、ついに成功。

晴れて発売にこぎつけました。

乗車定員は 本国の8人に対して4人となりましたが、積載量は 400kgを確保。

幅は同じながら、80cmも延長された広大な荷室はジプシー最大の魅力です。

お問い合わせ先

アールブイフォーワイルドグース株式会社

〒243-0016

神奈川県厚木市田村町11-18 井上企画ビル2F

営業時間 :
10:00〜19:00
定休日 :
水曜日 第2・第4日曜日

【ジムニー新型】カスタム まとめ

sierra003

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny_sierra/

今回記事を書いていて、ジムニー新型のカスタムパーツって車高を変えてみたり、外観をダレスアップさせるのが目的だと思っていたのですが、なんとショップチューンのカスタムカーの存在を初めて知りました。

農作業をするジムニーファンから、「かっこいいトラックがほしい」と言う夢を叶えてしまったジムニートラックや、スズキが力を入れている海外拠点のインドで作られているロングボディーがあるなんて、ジムニーのコアなファンが幅広いことを知りました。

ジムニーの持つ魅力の底力は、素晴らしいです。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする