【ジムニー新型】価格は146万からだけど、高いのには理由がある

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

01-1

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今回は20年ぶりにフルモデルチェンジをして7月に販売開始をしたジムニー新型の内外装の特徴と価格について紹介したいと思います。

そして、ジムニーをベースにしたジムニーシエラも紹介します。

ジムニー新型は、歴代のジムニーで使われていたラダーフレームを使用し、様々な環境でも走行できるようになっています。

そして路面状況に合わせて4WDから2WDに切り替えることもできます。

スポンサーリンク

【ジムニー新型】価格の割に4ドア設定がないわけ

ジムニー新型が販売されて口コミなどで「なぜ2ドアだけなの?」といったコメントが多くありました。

なぜ4ドアを販売しないのか?

ジムニーは世界的に見ても二人乗りで後ろは荷物スペースという使い方をする人が多いです。

そのイメージを変えたくないという意思もあり2ドアのみで販売しています。

そして、4ドアにしようとするとフレームなどの構造を変えないといけないので、ジムニー製作の人たちからは「4ドアは考えていません」というコメントも発表されています。

スポンサーリンク

【ジムニー新型】価格176万からの「シエラ」

01-2

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー新型と同時に販売されたジムニーシエラの紹介をしたいと思います。

ジムニーシエラは「心を解き放ち、自由を楽しむ」をコンセプトにしています。

価格はグレードによって変わります。

(JL)グレード

・シエラ4WD、5MT:1.760.400円
・シエラ4WD、4AT:1.857.600円

(JC)グレード

・シエラ4WD、5MT:1.922.400円
・シエラ4WD、4AT:2.019.600円

(ジムニーとシエラの違い)

ジムニー新型ジムニー新型シエラの見た目は同じですが、1番の違いは車体の大きさです。

ジムニー新型シエラの方が車体の全長と高さが大きくなっているので車内がジムニー新型より少し広くなっています。

エンジンも違いがあり、ジムニー新型R06A型ターボエンジンを搭載しています。

ジムニー新型シエラは、新開発のK15B型エンジンを搭載。

ジムニー新型シエラは、オフロードも走行できますが、オンロードでも力強くゆとりのある走りを楽しむことができるようになっています。

その為、あまりオフロードを走行しない人にはジムニー新型シエラがお勧めです。

そして4WDは燃費が悪いイメージがありますがジムニー新型シエラは改善されており、燃費消費率15.0km/Lとなっています。

スポンサーリンク

【ジムニー新型】外装の特徴

ジムニー新型の外装の特徴を紹介させていただきます。

ジムニー新型は、ジムニーらしさのデザインを残しつつ、オフロードや通常の道路でも快適に走行できるデザインとなっています。

ジムニー新型のボディーカラーは、12色の中から好きなカラーを選ぶことができます。

*XCグレード場合です。

・キネティックイエロー ブラック2トーンルーフ
・シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ
・ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
・キネティックイエロー ブラックトップ2トーン
・キネティックイエロー
・シフォンアイボリーメタリック
・ブリスクブルーメタリック
・ミディアムグレー
・ブルーイッシュブラックパール3
・ジャングルグリーン
・シルキーシルバーメタリック
・ピュアホワイトパール

外装デザインパーツの特徴は、ジムニーの象徴ともいえる5スロットグリル丸型ヘッドランプ独立ウィンカーランプを装備しています。

01-3

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

フロントバンパーは走破性を向上するために切れ上がったデザインとなっています。

01-4

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

タイヤ周辺は、タイヤ交換や整備などが行いやすいように台形ホイールアーチにしています。

01-5

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

サイドのガラス面はスクエアボディで雪などが溜まりにくいデザインを採用しています。

01-6

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニー新型は他の自動車では装備していない独自の装備を行っています。

やっぱりオフロードを中心にしているため様々な環境に適用できるように考えられているデザインになっていますね。

そして新型ジムニーは強度も向上しています。

ボンネットにクラムシェルフードを採用しているので今までのジムニーより強度は上がっています。

01-7

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

【ジムニー新型】内装の特徴

ジムニー新型の内装ですが、どんな環境の道でも機能性と操作性を追求したインテリとなっています。

内装カラーは、ブラックを基調としています。

・パネルは水平基調で立体感を出しており、オフロードなどの道でも車両の傾きを把握できるようになっています。

そしてフロントドアのベルトラインに段差を付けて視界を広くしています。

01-8

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・フロントの素材は光の反射を抑える素材を使用し汚れや傷を目立たないようにしています。

01-9

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・他にも乗り降りをしやすくするために助手席のフロント部分にグリップを装備しています。

clip_image020

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

運転席側は握りやすいようにグリップを太くしています。

clip_image022

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・パワーウィンドウスイッチはエアコンスイッチの下に配置しています。

押しやすくする為に少しサイズアップしています。

clip_image024

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・エアコンのサイドルーバーにはフルメタリックとブラックのカラーが選べます。

clip_image026

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・ステアリングホイールも2種類から選べるようになっています

本革巻きステアリングホイール

clip_image028

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ウレタンステアリングホイール

clip_image030

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・エアコンスイッチは、フルオートエアコンとマニュアルエアコンの2種類あります。

clip_image032

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

・立方体メータークラスター

01-17

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

この立方体メータークラスターは必要な計器をシンプルにしており機能面にこだわりをもっており飾らないデザインになっています。

そして、常時照明を採用しているので視認性の確保ができるようになっています。

・シートにもこだわりがあり、シート幅を広くしていてクッション性能も上がっているので長時間の運転の疲れを軽減しています。

clip_image036

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

【ジムニー新型】価格のまとめ

ジムニー新型の価格を紹介したいと思います。

・ジムニーXC 4WD、5MT:メーカー希望小売価格  1.744.200円
・ジムニーXC 4WD、5AT:メーカー希望小売価格  1.841.400円
・ジムニーXL 4WD、5MT:メーカー希望小売価格  1.582.200円
・ジムニーXL 4WD、5AT:メーカー希望小売価格  1.679.400円
・ジムニーXG 4WD、5MT:メーカー希望小売価格  1.458.000円
・ジムニーXG 4WD、5AT:メーカー希望小売価格  1.555.200円

ボディーカラーの中には別途料金がかかるものもあります。

・ピュアホワイトパール塗装車は21,600円(消費税込み)
・ブラック2トーンルーフ仕様車は43,200円(消費税込み)
・ブラックトップ2トーン仕様車は64,800円(消費税込み)

*ブラックトップ2トーン仕様車は受注生産となります。

【この記事のまとめ】

今回ジムニー新型ジムニー新型シエラの紹介をさせていただきました。

軽自動車で4WD搭載なのでどんな道でもスムーズに走行できます。

それと誰でも運転できるように安全面も充実しています。

ジムニーには事故そのものを防ぐために「スズキセーフティーサポート」が搭載されていますし衝撃吸収ボディーや衝突安全などもあるので安心して運転して頂けると思います。

ジムニー新型の値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

ジムニーの新型がほしい!

ジムニスト」と呼ばれるコアなファンまでいる「新型ジムニー

初代登場から48年を経て、先代からも20年という時を経て、ついにフルモデルチェンジした、新型ジムニー

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

プロユーザー」志向の強い見た目通りのタフな4輪駆動車の新型ジムニーは、山間部や寒冷地で「日常の足」として使うユーザーや、プロ志向や本物としてのステータスを求める「一般ユーザー」までも虜にしてしまう魅力を持っています。

だからといって、一切手抜きのない堅牢さと、飽きの来ないデザインと、いざというときには頼りになる本格4WDで、一部の「ジムニスト」ならずオフロード志向の強いあなたをも虜にしてしまいます。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、
「じゃあ安いこっちでいいじゃない」
と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、
他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、
20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、
「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、
「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」
と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、
納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする